×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

【妄想属性】オリジナル
【作品名】とある本の話
【追加説明】
宝典の根の実体である「祈願の宝典」には、ありとあらゆることが書かれている。
その中に、人間にとって災いとなる存在の定義として、以下の4つが宣言されている。

「魔王」……人がその存在を知りえた事実を前提に出現し、人の根底を捻じ曲げるような不幸をもたらす。
「魔獣」……人が生まれる以前よりその存在を確定していたもの。人を己の意のままに操ることで弄ぶ。
「狂気」……人の心が焼き付けて生み出したもの。多くの人々の尊厳を失わせる。
「魔物」……独立した個体として、人の恐怖となるべく生まれたもの。

上記4つの定義には、以下の法則を用いる。

「魔王」……宝典そのもののありようを捻じ曲げるほどの力を持ち、実体を失わせることは通常は不可能。
「魔獣」……宝典の権限をすり抜ける統べを身に付け、なんらかの理由で人間が干渉するのを極めて困難にしている。
「狂気」……宝典の権限下だが、世の道理としてあり得る「負」をよりどころに実体化する。
「魔物」……実体化は狂気と同じ理由だが、狂気と違って人間が力をつければどうにかなる相手。

なお、「魔王」に定義されているものは、グレブザケードも含めて10〜20程度いる。



【名前】 宝典の根
【属性】 本を象徴する存在、司るのはさまざまな「意味」
【大きさ】 目に見える形は十代の少女くらい。
【攻撃力】 実質的な攻撃力は十代の少女程度。
【防御力】 理屈で干渉できる位置におらず、物理的、精神的、時間的、空間的などなどに対して不変である。
      存在を理解しこれをいじれる立場にあるもののみ干渉できる。
【素早さ】 存在が定義されるかぎりどこにでも現れることができる。
【特殊能力】
生まていない意味:相手が生まれたものである場合、これを生まれていないものとすることができる。
            発動は一瞬。 効果範囲は対象の大きさに等しい。
            実際、すべてのものがなんらかの形で「生まれたもの」であり、この効果をまぬがれるには、
            対象がそのときに生まれていないとする必要がある。
            (つまり、自分が生まれていたとする時間より前か後に、自分が生まれたことにすれば避けられる)
存在しない意味:対象が今そこに存在していない、という意味を与える。
          発生までに相手を理解するために手にもつ本のページを捲る時間を必要とするが、
          その間でも矛盾の処理は発生する。
          捲る時間は相手が司る対象に匹敵し、例えば司る大きさが宇宙なら1時間、多次元宇宙なら10時間、
          その上位階層で100時間になるが、1年あればすべてのページを捲り終える。
          相手を完全に理解するため、必ず相手の存在を消すことができる。
道理そのもの:戦闘という形そのものすらも彼女の手の内であり、攻撃、防御、破壊、消滅などの戦
         闘的行為も、宇宙の次元階層などの全能たちが支配する範囲も、
         彼らが起こし考え得るすべての現象を「意味」するすべてが彼女自身である。
矛盾の処理:彼女をなんらかの形で消滅なり破壊なり抹殺なりすることは、消滅、破壊、
        抹殺といった言葉やその意味が「現実に存在しなくなる」というありえない矛盾につながるため、
         これを起こさないために「無意味」を自動発動させる。
無意味:自らの存在を失わせようとする働きを、失わせることはできないという「意味」に変えて無効化する。
【長所】もっとも根源的なものを司る。 破壊するとこの世すべてが矛盾だらけになる。
【短所】もともと戦闘をするための存在ではない。

【名前】宝典の央
【属性】正の意味そのものであり、宝典の根の構成要素。
【大きさ】大きさに関する定義はなく、その具体性は宝典の根に一任される。
【攻撃力】【防御力】【素早さ】【特殊能力】
これらの定義は不明。宝典の根が管理し統括しているため、宝典の根を失わせることが宝典の央を失わせることに同じ。
【長所】実は宝典の根より強大な力を持つ。
【短所】宝典の根を介さないと力を発揮できない。

【妄想属性】オリジナル
【作品名】とある本の話
【名前】宝典の冥
【属性】負の意味そのものであり、宝典の根の構成要素。
【大きさ】大きさに関する定義はなく、その具体性は宝典の根に一任される。
【攻撃力】【防御力】【素早さ】【特殊能力】
これらの定義は不明。宝典の根が管理し統括しているため、宝典の根を失わせることが宝典の冥を失わせることに同じ。
【長所】実は宝典の根より強大な力を持つ。
【短所】宝典の根を介さないと力を発揮できない。

【説明】
上記二つは宝典の根の構成要素であり、宝典の「央」はポジティブを、宝典の「冥」はネガティブを意味する。
この均衡を保ち、具体化するのが宝典の根である。

【まとめ氏様あるいは考察人様にお願い】
上記2つは宝典の根と同じなので、考察に含める必要はありません。
単なる設定の追記なので、宝典の根自体の強さには影響しないはずですから。



【名前】グレブザケード
【属性】負の意味
【大きさ】厳密には量れない。通常、その存在を認知することはできない。
【攻撃力】相手のいる世界を捻じ曲げて絞り潰すことができる。世界の規模は相手をけしつぶのように見られる大きさに同じ。
【防御力】そもそも知覚したところで、具体的な大きさが測れないため、単純な攻撃では倒せない。「消去する」ためには、全能クラスの認識が必要。
【素早さ】宝典の根と違って時間を渡り歩くことは不可能だが、時間の経過や逆行そのものが彼には無きに等しく、
時間から算出される「速さ」という概念が意味をなさない。
大きさの具体性が無いため、どんなに距離を離してもすぐそこに「いる」ことになる。
【特殊能力】
以下は戦闘に扱える特殊能力である。

負の感情:
相手のすべての負の感情をいじることができる。
感情を持つものの気力を萎えさせて、戦闘意欲を失わせて負けさせることが可能。

死の反転:
相手の士気を死気に入れ替えて、自殺願望のみ感情に植え付ける。
ほぼ強制的に対象は自殺を試みる。

生命の捻転:
相手にありうる生命という絶対性を捻じ曲げて永遠に死ぬ意味を与える。
死の反転とかぶるが、これはあくまで「殺し方」を楽しんでいるためである。

【長所】認知しても理屈以上の消去能力が必要。
【短所】実はそれほど絶対的ではない。
【説明】
宝典の根の構成要素である、宝典の冥の同位体。
人の負の要素にまつわる部分に関して、宝典の3軸を逸脱したコントロールができる。
それはあらゆる生命(それは心のあるなしを問わず、対象に備わるものとされる)に作用する。
宝典の根自身が手を焼いたのは、自らとほとんど変わらない宝典の冥の同位体であるため。
ただやはり本物とは比べようも無い絶対性であったために、練りこまれた「生まれていない意味」
や「存在しない意味」で消された。

宝典の冥を具現化させられない理由が、グレブザケードの残虐なやり口から証明されている。
【備考】
グレブザケードはもっとも人間に近い「魔王」といえる。
その能力のうち、自らが用いることはできないが、人間に関わらせた力は以下のとおり。

ケードの四肢:
人間の手足に自らの欠片を植え付けることで、破格の能力と、不老不死を与える。
右腕は怪力を、左腕は比類無き魔力を、右足は比類無き固さの盾を、左足は韋駄天の俊足を得られる。
四肢を植え付けられたものは体の一部が欠損しても元通りに再生する。
なお、ケードの四肢は一部分あるいはいくつかの部分を持つことが出来るが、2つ以上の部分を持つと性格が残虐化し、
3つで意志そのものがグレブザケードそのものを思わせる豹変を起こし、4つで世の中が「グレブザケードの負」で埋め尽くされる。
ケードの四肢を持つと性的な自由を奪われ、常に虐待的な行為を強要され、望み愛し合った場合はケードの放出を暴発させ、対象を強制的に死亡させる。
故にその苦しみを逃れる方法として、他の四肢を持つ者に殺されるか、他の四肢を集めきる、のどちらかが必要になる。

四肢の分割:
ケードの四肢を切断し、四肢を欠損する者に与えると、その相手の欠損部分を補いつつ、その相手にケードの四肢を植え付ける。

肉片体:
ケードの四肢をもつものが自らの9%以上の部分を切り取って、誰か(自分も含めて)の体の一部をくっつけることで、その誰かの複製ができる。

ケードの放出:
四肢を持つものは時として常人には超えられない領域を越えた力を使い、対象の生命を捻じ曲げて強制的に失わせることが可能になる。
この生命を失わせるものは「意味的」であり、「概念的」である。



【妄想属性】オリジナル
【作品名】とある本の話
【名前】メテュール
【属性】グレブザケードの四肢を持つ者
【大きさ】見た目の年齢は成人女性だが、小柄な感じ。
【攻撃力】
終わり無き誓願:
クレイモア状の長い両手剣。
年月をかけて積み重ねた誓いの心の分だけ切れ味・威力が増す。
単純に年月比例であり、実体非実体を問わず両断できる。
その規模は現時点で、
軽く一振りで大山脈に谷を作り、(だいたい目の前から)
全力で振るえば地球から月を半分割ることが出来る。(月への斬撃到達は2秒程度)
【防御力】
1メガトンの水爆クラスのエネルギーを爆心地で受けても無傷。
【素早さ】
100mをまばたき1回する間もなく詰める。
銃弾を指で挟み止める。
【特殊能力】
ケード解放:
本来は四肢にあるはずのグレブザケードの一部を、自らの心臓に変えるいう離れ業をやってのけることで、グレブザケード自体の意志による干渉をはねのけ、
暴走させずに己の力に変える事ができる。
攻撃力・防御力・素早さなどはその後の値である。
戦闘開始前に発動しているものとする。

なお、グレブザケードのテンプレートにある、「肉片化」「ケードの放出」を使用可能。

・いかの触手
メテュールの創造物。女性に特効。自分以外の女性を虜にし悦によって廃人化して戦闘不能にする。
性的な意味を持たない相手や、これを取り出して投げるまでに彼女を倒せる相手には無意味。
取り出して投げるまでの時間は1秒程度。投げることに成功すると自動的に発動し相手を捕らえる。

・次元の亜空間
対象を亜空間に引きずり込んで幻を見せる。発動時間はいかの触手と同じくらい。
特に男性であれば自らに虜にするという定義を植え付けてその幻の中で(ry
性的な意味を持たない相手や、これを展開する前に彼女を倒せる相手には無意味。

【長所】祈願の宝典に記録されている中でもっとも長くグレブザケードの四肢を保っている。
【短所】殺されても蘇るが、死ねば戦闘不能になる。
【説明】
もともと彼女は普通の人。
本来の名前はなく、この「メテュール」という名前は祈願の宝典に記録する方便としての通り名である。
その力に性的な要素が含まれるのは、グレブザケードの四肢を持つ者が性の一切の自由を奪われるためであり、
彼女はそれをはねのけるため、自らを淫らにすることで回避したことによる。
-------------------------------------------------------------------------
122 名前:格無しさん 投稿日:2006/04/28(金) 13:42:11
宝典の根……SSSランク。最強、クゼテッペイと決め手無しで同格。

>122
宝典の根は特殊能力無効化されるとただ普通に触れないだけの少女だから、クゼや最強には負けると思われるが。

このスレやテンプレの、ルールとしての「特殊能力」を脈絡なく無効化できるのも変なんだが、まあ屁理屈キャラにまともなキャラがかなわないのは仕方ないか。

578 名前:格無しさん 投稿日:2006/05/18(木) 11:33:07
宝典の根、特殊能力消されないとカタさは対メタクラスくらいあるが、攻撃力はSS上位級を倒しきれないか?
モトや水脈に引き分ける気がする。

彼らは存在を消すが無効で、時間を超越しているから「生まれていない意味」もきかなさそうだ。

580 名前:格無しさん 投稿日:2006/05/18(木) 11:43:05
って宝典の根か。
存在していない意味も効かないか。確かに

581 名前:格無しさん 投稿日:2006/05/18(木) 11:48:37
まあ花沢様には勝てるからいいんじゃないか?

582 名前:格無しさん 投稿日:2006/05/18(木) 12:52:28
>宝典の根現状考察。

○メトロ……生まれていない意味勝ち。閉じ込めることはできなさげ。
○永久停止……すべての時間に移動できるため止まらず、存在しない意味勝ち。
○レーザーラモンHG……生まれていない意味勝ち。攻撃力はあっさり止まる。
○ネオデビルゴクウ……生まれていない意味勝ち。
×絶対勝者の男……テンプレ上はこいつの勝ちを止められない。
×みるきぃ山田創造神……特殊封じられて知覚消去負け。こいつ最強のコピーか?
△モト……決め手にかける。
△水脈……同上。
○花沢様……生まれていない意味勝ち。
×説得の達人……説得負け。
×クゼテッペイ……特殊能力消されて知覚消去負け。
×最強……同上。
×一撃必殺……防御を無意味にされて一撃負け。
×幼児……生まれ変わられ続けて負け。

絶対勝者やみるきぃに勝ちきれないのが微妙なところだ。
しかし、みるきぃと最強の能力が酷似しているのがなんとも。
------------------------------------------------------------------------
286 名前:格無しさん 投稿日:2006/07/06(木) 00:05:16
メテュール考察
ケードの放出はかかる時間や射程などが不明なので膠着戦以外では考慮しない。
戦法は全力の終わり無き誓願→(相手が人間で死なない場合)廃人化→地球がぶっ壊れたら再生とする。
即時発動能力の壁上位から。

△湊川恭一郎 地球破壊後は自爆に見えるが相手も行動不能だろう。
○太田 速度差で勝ち。
○遠藤倉之助 同上。
×アイン アナザーステイトで負け。
○森角流 相手の攻撃には耐えられる。終わり無き誓願で勝ち。
○弱王 速度差で勝ち。
○巨大化魔王様 同上。
○ハリカルン 同上。
×生徒会長エヴァンジェ 反応は互角〜やや不利。一言発する方が剣を振るよりは速いだろう。
×リコ ビームキャノンには耐えられるが捉えきれないだろう。ライトニングブレイドで負け。
×ブラック・ジャック 速すぎる&強すぎる。
×夢崎歌南子 同上。
×甲鱗のワーム 同上。

生徒会長エヴァンジェ>メテュール(超音速即時発動の壁)>ハリカルン

-------------------------------------------------------------------------
520 名前:格無しさん 投稿日:2006/07/09(日) 07:14:02
グレブザケートはネオ・デビルゴクウに特殊能力も攻撃も通用するとは思えないが、ネオ・デビルゴクウの攻撃もグレブザケートには効きそうにないので引き分け
絶対勝者の男は、理屈を超えた何かが勝手に起こってグレブザケートに勝つだろ